All posts by t.nagata

近況報告

大文字氏が亡くなられ、アークを引継ぎ、やっと一息付けたのは去年の今頃でした。

この一年を無事過ごせたこと、周りの方々に感謝しなければならないと思います。

先日、久しぶりに長野へ行ってきました。

久しぶりに訪れた長野はご多分に漏れず、海外の方々の多さに驚かされ、善行寺で食べた手打ちの信州そばのおいしさに感激し、小布施で買ったブドウの美味しさに感動しました。

これでとりあえず、長野から東京への引っ越しが一段落しました。

そしてこれからは、次のステップへ踏み出さなければならないと思っています。

そのためには「アイデア」と「継続」と「信念」が必要だと思います。

そしてそれを推進するだけの「洞察力」、「経営力」でしょうか。

私個人としても進歩していかなければならず、それが一番難題かも?

足りないものが多すぎるもので…

コンピュータ業界にはAI化という大きな波が訪れています。

その波を利用できるか、飲み込まれるかで大企業の浮沈が鮮明になるはずです。

そして、その後にはソフトウェア業界自体がどのような形で残るのか(もしくは無くなるか)?

ここ数年でソフト業界の在り方が大きく変わる可能性を秘めた波だと思っています。

そんな中で、私個人の思いとしては、人の役に立つソフトを作りたい。人の役に立ちたいとずっと思ってきました。

その方向性だけは見失わず、後は何をなすべきかを見極めていきたいと思っています。

そして、日本を元気にしたい!

令和元年 十月吉日

  代表取締役 永田俊昭


新年のご挨拶

旧年中は大変お世話になりました。
昨年7月からアークの経営を引継ぎ、関係者の皆様には色々とご迷惑をお掛け致しました。
この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。

微力ではございますが、これからも先代に負けないよう、アークを支援してくださる方々及び、社員に対しましても、尽力していきたいと思っています。

本年も宜しくお願い致します。

平成31年元旦

代表取締役 永田俊昭


大文字代表が急逝されました

平成30年6月30日午前2時22分、創業者の大文字千秋氏が亡くなりました。

 代表は7年ほど前に特発性肺繊維症の診断を受け、 余命5年の宣告を受けていましたが、 同症 による肺炎で亡くなられました。
 
 この病気は特効薬がまだ開発されていなかったため、代表は湯治などでなんとか頑張ってきましたが、一昨年あたりから体調を崩し、呼吸をすることが負担となってきました。
 このため、本社を 空気のきれいな自宅のある長野へ移し、酸素治療を行いながら引き続き闘病生活を送られてきましたが、6月初めにお会いした時には既に歩くこともままならない状態まで悪化していました。
 それでも、意識はしっかりしていましたし、まだまだお前に代表を任せるつもりはないといった気概を感じましたし、将来の夢も語られていました。
 その後、6月23日にお会いした時は、それほど病状の悪化を感じなかったのですが、それからどんどん容体が悪化し、30日の明け方旅立たれました。
 
 最期は奥様と御長女に見守られながら、ご自宅で旅立たれましたことは、ずっと一人で東京で頑張られてきた代表への贈り物だったのかも知れません。

ご冥福をお祈り申し上げます。