TortoiseGit

以前作成されたアプリケーションのメンテナンスを行っていますが、ローカルで履歴を取りながら開発されていたため、膨大な量の履歴情報(整合性をとるためソリューション全体を履歴として保存している)となっていました。
このコロナウィルス禍のあいだに整理したいと思い、TortoiseGitで管理することにしました。

gitの基本を知りたい方は
https://backlog.com/ja/git-tutorial/

インストールは以下、2つのURLを載せていますが、インストールは下のURLを参考にした方が良いと思います。詳しく説明されてますので。
https://tracpath.com/bootcamp/learning_tortoisegit.html
https://qiita.com/Shi-nakaya/items/43c858ea707770c03b17

ダウンロード
まず、Gitをインストールします。
Windows版(64bit)のGitをダウンロードします。
 
 

 ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールを開始します。
 

 ※全く関係ない話ですが、shift + Windowsキー + ‘S’で簡単に画面ハードコピーして、マーカーなんてつけれるようになってたんですね。お恥ずかしい話最近知りました(;’∀’)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっとインストールを開始しました。
 

 
 インストールが完了したので、確認します。
 Gitを起動します。(スタートメニューからGit Bashを選択)
 

 

git –version
と入力してEnter


バージョンが表示されればOK

つづいて、TortoiseGitのダウンロード

 言語パッケージも
 

・TortoiseGitをインストール


・TortoiseGit日本語パックを続いてインストール
 

エクスプローラーから任意のフォルダを選択して、右クリック

TortoiseGitのメニューが表示されるので、選択して表示されたサブメニューからSettingをクリック
Languageで日本語を選択して、OKをクリックすれば完了