JavaScriptでアップロードした画像を正しく回転して表示する方法

show case の画像アップロードで、iPhoneで取得した画像のOrientationを正しく補正して表示する方法を調べていて、JavaScript側でExifをパースして補正するここの解説が一番わかりやすかったので備忘録。
ただ、どうも傾きの判定が間違っているようで、元画像から90度回転している画像はOrientationが6、270度が8ではないかと思われます。いずれにしろ、iOS11から、画像がjpeg→HEIFに変更されたし、jpeg以外ではこのロジックは使えないので、jpeg限定で参照していただければ、画像の構造から解説されているため、同じように悩んでいる方は一読をお勧めします。
ただし、iOS11からはheif方式で画像が保存されるようになりました。
引き続きheifでのexif対応を調べたいと思います。

コメントする