Visual StudioとGit

Visual StudioでGitを使用するのは比較的簡単です。
ただし、リモートリポジトリを例えば社内サーバーに置きたい(githubでもPrivateにすればセキュリティ上問題ないと思われますが)場合など少し面倒です。
TortoiseGitを使えば簡単ですが、今回はGitだけという縛りがある場合です。

まず、リモートリポジトリを社内サーバーへ作成します。
(ここでは、クライアントから、ファイルサーバーへアクセスしています)
対象のフォルダでgit bushを起動します。
起動したgit bushの中で
>git init –bare –share
(’-‘はどちらも2つ続けます。↑だと1つに見えますね。)
と打鍵しenter
オプションの–bareは中身のないリポジトリであること指定して、–shareはリポジトリを複数のユーザによって共有可能なものにしています。

※ここでの//NAS26A52D~がこのリモートリポジトリのURLになりますのでメモっておきます。


サーバー側はこれだけです。

続いてクライアント側です。
管理したいソースが格納されているローカルフォルダでgit bushを実行します。

>git init
と打鍵し、enter
続いて、リモートリポジトリoriginいう名前で追加します。
>git remote add origin リモートリポジトリのURL
(余談ですが、リモートリポジトリはURLでなくても指定できるようですが、\\NAS26A52D\ark_pub\Gitではだめでした。)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-43.png


リモートリポジトリの追加を確認します。
>git remote -v

これだけだとVisual StudioでPushできないので、アップストリームを設定しPushします。
>git push –set-upstream origin master
(originはリモートリポジトリ、masterはローカルリポジトリ)

以上です。
これで共有できましたので、共有先ではgit cloneでリモートリポジトリを取得します。
空のフォルダでgit bushを実行し
git init
続けて、
git clone リモートリポジトリのURL
を実行すれば、リモートリポジトリからソース一式が取得できます。

カテゴリー Git

TortoiseGit

以前作成されたアプリケーションのメンテナンスを行っていますが、ローカルで履歴を取りながら開発されていたため、膨大な量の履歴情報(整合性をとるためソリューション全体を履歴として保存している)となっていました。
このコロナウィルス禍のあいだに整理したいと思い、TortoiseGitで管理することにしました。

gitの基本を知りたい方は
https://backlog.com/ja/git-tutorial/

インストールは以下、2つのURLを載せていますが、インストールは下のURLを参考にした方が良いと思います。詳しく説明されてますので。
https://tracpath.com/bootcamp/learning_tortoisegit.html
https://qiita.com/Shi-nakaya/items/43c858ea707770c03b17

ダウンロード
まず、Gitをインストールします。
Windows版(64bit)のGitをダウンロードします。
 
 

 ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールを開始します。
 

 ※全く関係ない話ですが、shift + Windowsキー + ‘S’で簡単に画面ハードコピーして、マーカーなんてつけれるようになってたんですね。お恥ずかしい話最近知りました(;’∀’)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっとインストールを開始しました。
 

 
 インストールが完了したので、確認します。
 Gitを起動します。(スタートメニューからGit Bashを選択)
 

 

git –version
と入力してEnter


バージョンが表示されればOK

つづいて、TortoiseGitのダウンロード

 言語パッケージも
 

・TortoiseGitをインストール


・TortoiseGit日本語パックを続いてインストール
 

エクスプローラーから任意のフォルダを選択して、右クリック

TortoiseGitのメニューが表示されるので、選択して表示されたサブメニューからSettingをクリック
Languageで日本語を選択して、OKをクリックすれば完了

カテゴリー Git